第七章 財政(ざいせい)


   第七章 財政(ざいせい)

第八十三条 【財政処理(ざいせいしょり)国会(こつかい)議決(ぎけつ) 
(くに)財政(ざいせい)処理(しょり)する権限(けんげん)は、国会(こつかい)議決(ぎけつ)(もとづ)いて、これを行使(こうし)しなければならない。

第八十四条 【租税(そぜい)法定(ほうてい)主義(しゅぎ) あらたに
租税(そぜい)()し、(また)現行(げんこう)租税(そぜい)変更(へんこう)するには、法律(ほうりつ)(また)法律(ほうりつ)(さだ)める条件(じょうけん)によることを必要(ひつよう)とする。

第八十五条 【国費(こくひ)支出(ししゅつ)および債務(さいむ)負担(ふたん)国会(こつかい)議決(ぎけつ) 
国費(こくひ)支出(ししゅつ)し、(また)(くに)債務(さいむ)負担(ふたん)するには、国会(こつかい)議決(ぎけつ)(もとづ)くことを必要(ひつよう)とする。

第八十六条 【予算(よさん)作成(さくせい)および国会(こつかい)議決(ぎけつ) 
内閣(ないかく)は、(まい)会計(かいけい)年度(ねんど)予算(よさん)作成(さくせい)し、国会(こつかい)提出(ていしゅつ)して、その審議(しんぎ)()議決(ぎけつ)()なければならない。

第八十七条 【予備費(よびひ) 
予見(よけん)(がた)予算(よさん)不足(ふそく)()てるため、国会(こつかい)議決(ぎけつ)(もとづ)いて予備費(よびひ)(もう)け、内閣(ないかく)責任(せきにん)でこれを支出(ししゅつ)することができる。
 すべて
予備費(よびひ)支出(ししゅつ)については、内閣(ないかく)は、事後(じご)国会(こつかい)承諾(しょうだく)()なければならない。

第八十八条 【皇室財産(こうしつざいさん)皇室費用(こうしつひよう) すべて
皇室財産(こうしつざいさん)は、(くに)(ぞく)する。すべて皇室(こうしつ)費用(ひよう)は、予算(よさん)計上(けいじょう)して国会(こつかい)議決(ぎけつ)()なければならない。

第八十九条 【(おおやけ)財産(ざいさん)支出(ししゅつ)または利用(りよう)制限(せいげん) 
公金(こうきん)その()(おおやけ)財産(ざいさん)は、宗教上(しゅうきょうじょう)組織(そしき)()しくは団体(だんたい)使用(しよう)便益(べんえき)()しくは維持(いじ)のため、(また)(おおやけ)支配(しはい)(ぞく)しない慈善(じぜん)教育(きょういく)()しくは博愛(はくあい)事業(じぎょう)(たい)し、これを支出(ししゅつ)し、(また)はその利用(りよう)(きょう)してはならない。

第九十条 【決算(けっさん)会計検査院(かいけいけんさいん) 
(くに)収入(しゅうにゅう)支出(ししゅつ)決算(けっさん)は、すべて毎年(まいねん)会計(かいけい)検査(けんさ)(いん)がこれを検査(けんさ)し、内閣(ないかく)は、(つぎ)年度(ねんど)に、その検査(けんさ)報告(ほうこく)とともに、これを国会(こつかい)提出(ていしゅつ)しなければならない。
 
会計(かいけい)検査(けんさ)(いん)組織(そしき)(およ)権限(けんげん)は、法律(ほうりつ)でこれを(さだ)める。

第九十一条 【内閣(ないかく)財政(ざいせい)状況(じょうきょう)報告(ほうこく) 
内閣(ないかく)は、国会(こつかい)(およ)国民(こくみん)(たい)し、定期(ていき)に、(すくな)くとも毎年(まいねん)一回、(くに)財政状況(ざいせいじょうきょう)について報告(ほうこく)しなければならない。