第四章 国会(こっかい)

   第四章 国会(こつかい)

第四十一条 【国会(こつかい)地位(ちい)立法権(りつぽうけん) 
国会(こつかい)は、国権(こつけん)最高機関(さいこうきかん)であつて、(くに)唯一(ゆいいつ)立法機関(りつぽうきかん)である。

第四十二条 【国会(こつかい)両院制(りょういんせい) 
国会(こつかい)は、衆議院(しゅうぎいん)(およ)参議院(さんぎいん)両議院(りょうぎいん)でこれを構成(こうせい)する。

第四十三条 【両議院(りょうぎいん)組織(そしき) 
両議院(りょうぎいん)は、全国民(ぜんこくみん)代表(だいひょう)する選挙(せんきょ)された議員(ぎいん)でこれを組織(そしき)する。
 
両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)定数(ていすう)は、法律(ほうりつ)でこれを(さだ)める。

第四十四条 【議員(ぎいん)および選挙人(せんきょにん)資格(しかく) 
両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)(およ)びその選挙人(せんきょにん)資格(しかく)は、法律(ほうりつ)でこれを(さだ)める。(ただ)し、人種(じんしゅ)信条(しんじょう)性別(せいべつ)社会的身分(しゃかいてきみぶん)門地(もんち)教育(きょういく)財産(ざいさん)(また)収入(しゅうにゅう)によつて差別(さべつ)してはならない。

第四十五条 【衆議院議員(しゅうぎいんぎいん)任期(にんき) 
衆議院議員(しゅうぎいんぎいん)任期(にんき)は、四(ねん)とする。(ただ)し、衆議院解散(しゅうぎいんかいさん)場合(ばあい)には、その期間満了前(きかんまんりょうまえ)終了(しゅうりょう)する。

第四十六条 【参議院議員(さんぎいんぎいん)任期(にんき) 
参議院議員(さんぎいんぎいん)任期(にんき)は、六(ねん)とし、三(ねん)ごとに議員(ぎいん)半数(はんすう)改選(かいせん)する。

第四十七条 【選挙(せんきょ)(かん)する事項(じこう)法定(ほうてい) 
選挙区(せんきょく)投票(とうひょう)方法(ほうほう)その()両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)選挙(せんきょ)(かん)する事項(じこう)は、法律(ほうりつ)でこれを(さだ)める。

第四十八条 【両議院議員(りょうぎいんぎいん)兼職(けんしょく)禁止(きんし) 
何人(なんびと)も、同時(どうじ)両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)たることはできない。

第四十九条 【議員(ぎいん)歳費(さいひ) 
両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)は、法律(ほうりつ)(さだ)めるところにより、国庫(こつこ)から相当額(そうとうがく)歳費(さいひ)()ける。

第五十条 【議員(ぎいん)不逮捕特権(ふたいほとっけん) 
両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)は、法律(ほうりつ)(さだ)める場合(ばあい)(のぞ)いては、国会(こつかい)会期中(かいきちゅう)逮捕(たいほ)されず、会期前(かいきまえ)逮捕(たいほ)された議員(ぎいん)は、その議院(ぎいん)要求(ようきゅう)があれば、会期中(かいきちゅう)これを釈放(しゃくほう)しなければならない。

第五十一条 【議員(ぎいん)発言(はつげん)表決(ひょうけつ)無責任(むせきにん) 
両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)は、議院(ぎいん)(おこな)つた演説(えんぜつ)討論(とうろん)(また)表決(ひょうけつ)について、院外(いんがい)責任(せきにん)()()れない。

第五十二条 【常会(じょうかい) 
国会(こつかい)常会(じょうかい)は、毎年(まいとし)(かい)これを召集(しょうしゅう)する。

第五十三条 【臨時会(りんじかい) 
内閣(ないかく)は、国会(こつかい)臨時会(りんじかい)召集(しょうしゅう)決定(けつてい)することができる。いづれかの議院(ぎいん)総議員(そうぎいん)の四(ぶん)の一以上(いじょう)要求(ようきゅう)があれば、内閣(ないかく)は、その召集(しょうしゅう)決定(けつてい)しなければならない。

第五十四条 【衆議院(しゅうぎいん)解散(かいさん)総選挙(そうせんきょ)特別会(とくべつかい)および参議院(さんぎいん)緊急集会(きんきゅうしゅうかい) 
衆議院(しゅうぎいん)解散(かいさん)されたときは、解散(かいさん)()から四十(にち)以内(いない)に、衆議院議員(しゅうぎいんぎいん)総選挙(そうせんきょ)(おこな)()、その選挙(せんきょ)()から三十日以内(にちいない)に、国会(こつかい)召集(しょうしゅう)しなければならない。
 
衆議院(しゅうぎいん)解散(かいさん)されたときは、参議院(さんぎいん)は、同時(どうじ)閉会(へいかい)となる。(ただ)し、内閣(ないかく)は、(くに)緊急(きんきゅう)必要(ひつよう)があるときは、参議院(さんぎいん)緊急集会(きんきゅうしゅうかい)(もと)めることができる。
 
前項(ぜんこう)但書(ただしがき)緊急集会(きんきゅうしゅうかい)において()られた措置(そち)は、臨時(りんじ)のものであつて、(つぎ)国会開会(こつかいかいかい)(のち)十日以内(とうかいない)に、衆議院(しゅうぎいん)同意(どうい)がない場合(ばあい)には、その効力(こうりょく)(うしな)()

第五十五条 【議員(ぎいん)資格争訟(しかくそうしょう) 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)その議員(ぎいん)資格(しかく)(かん)する争訟(そうしょう)裁判(さいばん)する。(ただ)し、議員(ぎいん)議席(ぎせき)(うしな)()せるには、出席議員(しゅつせきぎいん)の三(ぶん)の二以上(いじょう)多数(たすう)による議決(ぎけつ)必要(ひつよう)とする。

第五十六条 【議員(ぎいん)定足数(ていそくすう)表決方法(ひょうけつほうほう) 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)その総議員(そうぎいん)の三(ぶん)の一以上(いじょう)出席(しゅつせき)がなければ、議事(ぎじ)(ひら)議決(ぎけつ)することができない。
 
両議院(りょうぎいん)議事(ぎじ)は、この憲法(けんぽう)特別(とくべつ)(さだめ)のある場合(ばあい)(のぞ)いては、出席議員(しゅつせきぎいん)過半数(かはんすう)でこれを(けつ)し、可否同数(かひどうすう)のときは、議長(ぎちょう)(けつ)するところによる。

第五十七条【会議(かいぎ)公開(こうかい)秘密会(ひみつかい)会議記録(かいぎきろく)公開(こうかい)表決(ひょうけつ)会議録記載(かいぎろくきさい)  
両議院(りょうぎいん)会議(かいぎ)は、公開(こうかい)とする。(ただ)し、出席議員(しゅつせきぎいん)の三(ぶん)の二以上(いじょう)多数(たすう)議決(ぎけつ)したときは、秘密会(ひみつかい)(ひら)くことができる。
 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)その会議(かいぎ)記録(きろく)保存(ほぞん)し、秘密会(ひみつかい)記録(きろく)(なか)(とく)秘密(ひみつ)(よう)すると(みと)められるもの以外(いがい)は、これを公表(こうひょう)し、()一般(いっぱん)頒布(はんぷ)しなければならない。
 
出席議員(しゅつせきぎいん)の五(ぶん)の一以上(いじょう)要求(ようきゅう)があれば、各議員(かくぎいん)表決(ひょうけつ)は、これを会議録(かいぎろく)記載(きさい)しなければならない。

第五十八条 【議長等(ぎちょうなど)選任(せんにん)議院規則(ぎいんきそく)懲罰(ちょうばつ) 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)その議長(ぎちょう)その()役員(やくいん)選任(せんにん)する。
 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)その会議(かいぎ)その()手続(てつづき)(およ)内部(ないぶ)規律(きりつ)(かん)する規則(きそく)(さだ)め、(また)院内(いんない)秩序(ちつじょ)をみだした議員(ぎいん)懲罰(ちょうばつ)することができる。(ただ)し、議員(ぎいん)除名(じょめい)するには、出席議員(しゅつせきぎいん)の三(ぶん)の二以上(いじょう)多数(たすう)による議決(ぎけつ)必要(ひつよう)とする。

第五十九条 【法律案(ほうりつあん)議決(ぎけつ)衆議院(しゅうぎいん)優越(ゆうえつ) 
法律案(ほうりつあん)は、この憲法(けんぽう)特別(とくべつ)(さだめ)のある場合(ばあい)(のぞ)いては、両議院(りょうぎいん)可決(かけつ)したとき法律(ほうりつ)となる。
 
衆議院(しゅうぎいん)可決(かけつ)し、参議院(さんぎいん)でこれと(こと)なつた議決(ぎけつ)をした法律案(ほうりつあん)は、衆議院(しゅうぎいん)出席議員(しゅつせきぎいん)の三(ぶん)の二以上(いじょう)多数(たすう)(ふたた)可決(かけつ)したときは、法律(ほうりつ)となる。
 
前項(ぜんこう)規定(きてい)は、法律(ほうりつ)(さだ)めるところにより、衆議院(しゅうぎいん)が、両議院(りょうぎいん)協議会(きょうぎかい)(ひら)くことを(もと)めることを(さまた)げない。
 
参議院(さんぎいん)が、衆議院(しゅうぎいん)可決(かけつ)した法律案(ほうりつあん)()()つた(のち)国会休会中(こつかいきゅうかいちゅう)期間(きかん)(のぞ)いて六十日以内(にちいない)に、議決(ぎけつ)しないときは、衆議院(しゅうぎいん)は、参議院(さんぎいん)がその法律案(ほうりつあん)否決(ひけつ)したものとみなすことができる。

第六十条 【予算(よさん)衆議院(しゅうぎいん)先議(せんぎ)衆議院(しゅうぎいん)優越(ゆうえつ) 
予算(よさん)は、さきに衆議院(しゅうぎいん)提出(ていしゅつ)しなければならない。
 
予算(よさん)について、参議院(さんぎいん)衆議院(しゅうぎいん)(こと)なつた議決(ぎけつ)をした場合(ばあい)に、法律(ほうりつ)(さだ)めるところにより、両議院(りょうぎいん)協議会(きょうぎかい)(ひら)いても意見(いけん)一致(いっち)しないとき、(また)参議院(さんぎいん)が、衆議院(しゅうぎいん)可決(かけつ)した予算(よさん)()()つた(のち)国会休会中(こつかいきゅうかいちゅう)期間(きかん)(のぞ)いて三十日以内(にちいない)に、議決(ぎけつ)しないときは、衆議院(しゅうぎいん)議決(ぎけつ)国会(こつかい)議決(ぎけつ)とする。

第六十一条 【条約(じょうやく)国会(こつかい)承認(しょうにん)衆議院(しゅうぎいん)優越(ゆうえつ) 
条約(じょうやく)締結(ていけつ)必要(ひつよう)国会(こつかい)承認(しょうにん)については、前条(ぜんじょう)第二項の規定(きてい)準用(じゅんよう)する。

第六十二条 【議院(ぎいん)国政調査権(こくせいちょうさけん) 
両議院(りょうぎいん)は、各々(おのおの)国政(こくせい)(かん)する調査(ちょうさ)(おこな)()、これに(かん)して、証人(しょうにん)出頭(しゅつとう)(およ)証言(しょうげん)(なら)びに記録(きろく)提出(ていしゅつ)要求(ようきゅう)することができる。

第六十三条 【国務大臣(こくむだいじん)議院(ぎいん)出席(しゅつせき)権利(けんり)義務(ぎむ) 
内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)その()国務大臣(こくむだいじん)は、両議院(りょうぎいん)の一に議席(ぎせき)(ゆう)すると(ゆう)しないとにかかはらず、何時(いつ)でも議案(ぎあん)について発言(はつげん)するため議院(ぎいん)出席(しゅつせき)することができる。(また)答弁(とうべん)(また)説明(せつめい)のため出席(しゅつせき)(もと)められたときは、出席(しゅつせき)しなければならない。

第六十四条 【弾劾裁判所(だんがいさいばんしょ) 
国会(こつかい)は、罷免(ひめん)訴追(そつい)()けた裁判官(さいばんかん)裁判(さいばん)するため、両議院(りょうぎいん)議員(ぎいん)組織(そしき)する弾劾裁判所(だんがいさいばんしょ)(もう)ける。
 
弾劾(だんがい)(かん)する事項(じこう)は、法律(ほうりつ)でこれを(さだ)める。