第一章 天皇(てんのう)

  (だい)(しょう) 天皇(てんのう)

第一(じょう)天皇(てんのう)地位(ちい)国民主権(こくみんしゅけん) 
天皇(てんのう)は、日本国(にほんこく)象徴(しょうちょう)であり日本国民(にほんこくみん)統合(とうごう)象徴(しょうちょう)であつて、この地位(ちい)は、主権(しゅけん)(そん)する日本国民(にほんこくみん)総意(そうい)(もとづ)く。

第二条 【皇位(こうい)世襲(せしゅう)継承(けいしょう) 
皇位(こうい)は、世襲(せしゅう)のものであつて、国会(こつかい)議決(ぎけつ)した皇室典範(こうしつてんぱん)(さだ)めるところにより、これを継承(けいしょう)する。

第三条 【天皇(てんのう)国事行為(こくじこうい)内閣(ないかく)助言(じょげん)承認(しょうにん)および責任(せきにん) 
天皇(てんのう)国事(こくじ)(かん)するすべての行為(こうい)には、内閣(ないかく)助言(じょげん)承認(しょうにん)必要(ひつよう)とし、内閣(ないかく)が、その責任(せきにん)負ふ(おう)

第四条 【天皇(てんのう)権能(けんのう)国事(こくじ)行為(こうい)委任(いにん)】 
天皇(てんのう)は、この憲法(けんぽう)(さだ)める国事(こくじ)(かん)する行為(こうい)のみを(おこな)()国政(こくせい)(かん)する権能(けんのう)(ゆう)しない。
 
天皇(てんのう)は、法律(ほうりつ)(さだ)めるところにより、その国事(こくじ)(かん)する行為(こうい)委任(いにん)することができる。
第五条 【摂政(せつしょう) 
皇室典範(こうしつてんぱん)(さだ)めるところにより摂政(せっしょう)()くときは、摂政(せっしょう)は、天皇(てんのう)()でその国事(こくじ)(かん)する行為(こうい)(おこな)()。この場合(ばあい)には、前条(ぜんじょう)(だい)一項の規定(きてい)準用(じゅんよう)する。

第六条 【天皇(てんのう)任命権(にんめいけん) 
天皇(てんのう)は、国会(こつかい)指名(しめい)(もとづ)いて、内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)任命(にんめい)する。
 
天皇(てんのう)は、内閣(ないかく)指名(しめい)(もとづ)いて、最高裁判所(さいこうさいばんしょ)(ちょう)たる裁判官(さいばんかん)任命(にんめい)する。

第七条 【天皇(てんのう)(おこな)国事行為(こくじこうい)範囲(はんい) 
天皇(てんのう)は、内閣(ないかく)助言(じょげん)承認(しょうにん)により、国民(こくみん)のために、()国事(こくじ)(かん)する行為(こうい)(おこな)()
 
憲法改正(けんぽうかいせい)法律(ほうりつ)政令(せいれい)(およ)条約(じょうやく)公布(こうふ)すること。
 
国会(こつかい)召集(しょうしゅう)すること。
 
衆議院(しゅうぎいん)解散(かいさん)すること。
 
国会議員(こつかいぎいん)総選挙(そうせんきょ)施行(しこう)公示(こうじ)すること。
 
国務大臣(こくむだいじん)(およ)法律(ほうりつ)(さだ)めるその()官吏(かんり)任免(にんめん)(なら)びに全権委任状(ぜんけんいにんじょう)(およ)大使(たいし)(およ)公使(こうし)信任状(しんにんじょう)認証(にんしょう)すること。
 
大赦(たいしゃ)特赦(とくしゃ)減刑(げんけい)(けい)執行(しっこう)免除(めんじょ)(およ)復権(ふつけん)認証(にんしょう)すること。
 
栄典(えいてん)授与(じゅよ)すること。
 
批准書(ひじゅんしょ)(およ)法律(ほうりつ)(さだ)めるその()外交文書(がいこうぶんしょ)認証(にんしょう)すること。
 
外国(がいこく)大使(たいし)(およ)公使(こうし)接受(せつじゅ)すること。
 
儀式(ぎしき)(おこな)()こと。

第八条 【皇室(こうしつ)財産授受(ざいさんじゅじゅ) 
皇室(こうしつ)財産(ざいさん)(ゆず)(わた)し、(また)皇室(こうしつ)が、財産(ざいさん)(ゆず)()け、()しくは賜与(しよ)することは、国会(こつかい)議決(ぎけつ)(もとづ)かなければならない。